スマートフォンサイト トップへ

インターネット取引 ログイン

ひろぎん証券のお客さま本位の業務運営の実践に向けた取組方針

基本的な考え方

  1. 当社は、「<ひろぎんグループ>の地域密着型証券会社として、質の高い金融商品・サービスを提供し、お客さまの安定的な資産形成を支援する」を経営ビジョンとして掲げ、そのビジョンを実現するための行動規範として倫理コード「5.顧客利益を重視した行動」において、『投資に関する顧客の知識、経験、財産、目的などを十分に把握し、これらに照らした上で、常に顧客にとって最善となる利益を考慮して行動する』ことを定め、全役職員が共有し、実践しております。
  2. お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)により、お客さまの利益の実現を最優先に考え、お客さまの視点に立って、高度な専門性を保持し、付加価値の高い商品・サービスを提供することが、結果として当社の中長期的な企業価値の増大につながるとの認識のもと、「ひろぎん証券のお客さま本位の業務運営の実践に向けた取組方針」を策定・公表し、実践してまいります。

お客さま本位の商品ラインナップの整備

  1. ひろぎん証券、広島銀行はグループ一体となって、お客さまの資産運用目的、知識・経験、資産・リスク許容度などに応じた様々な資産形成ニーズにお応えできる、幅広い金融商品の品揃えを行います。
  2. 新たな金融商品を採用する場合には、営業店、営業統括部、コンプライアンス部、売買管理営業考査部、経理証券部で構成される「商品企画開発会議」で以下の「商品選定における検討事項」を中心に検討し、お客さま本位の商品選定を行います。

    商品選定における検討事項

    • 商品の収益の源泉及びリスク
    • お客さまが負担する手数料その他費用
    • 運用実績
    • 想定するお客さまのニーズおよび適合性、投資環境との整合性
    • 利益相反管理において問題ないか
    • 仕組みの複雑さ、商品説明の難易度、販売のチャネル
    • 運用会社による販売会社職員向け教育支援体制
    • 関係法令等への適法性など
  3. また、商品企画開発会議では、既存商品のラインナップが上記検討事項に合致しているか定期的に検証します。
  4. 商品採用時に投信会社等の信用力やサポート体制等について検証します。

お客さまの資産形成に資するポートフォリオ提案(長期・積立・分散投資の促進の実践)

  1. 投資未経験者や投資初心者に対しては、ライフイベントに応じた資産運用の必要性、リスクと リターンの関係、運用方法等を「資産運用と証券投資スタートブック」、「投資信託ガイド」等を活用してわかりやすく説明します。
  2. お客さまの投資目的やリスク許容度、ニーズ、知識・経験・保有金融資産等を「適合性に関するご確認シート」、「保険商品のご検討にあたってのご意向把握アンケート」を活用して、正確に把握します。
  3. 把握したお客さまの投資目的やリスク許容度、ニーズ等に則った個別商品の提案にあたり、「投資信託ラインナップ」や「各種商品パンフレット」の活用等 により、お客さまが負担する手数料を含め、お客さまの理解度に応じて、わかりやすい商品説明を行います。
  4. お客さまの資産運用に関する多様なニーズにお応えするため、ロボアドバイザーの導入等、FinTech分野の研究と積極的な活用を進めます。
  5. お客さまの金融リテラシー(マーケット環境の把握や金融・投資知識)の向上にお役に立つセミナーを積極的に開催します。

お客さま本位のアフターフォローの実践

  1. お客さまに対しては、商品内容の確認、保有商品の運用状況を説明するとともに、当初把握した投資目的やリスク許容度、ニーズ等、お客さまの意向の変化を確認し、ポートフォリオの見直し提案等、お客さまの理解度に応じて、分かりやすく、情報提供します。
  2. 市場動向が大きく変化した場合等、相場見通しや商品の運用状況をはじめ、お客さまの投資判断に必要な情報をご提供するなど、適時適切な情報提供を行います。
  3. お客さまが保有される商品について、関連するマーケットの動向、運用状況等、お客さまの投資判断に必要な情報を提供するため、定期的にセミナーを開催します。

お客さま本位の業務運営を追求するための従業員等に対する適切な動機付けの枠組みの整備

  1. お客さま本位の業務運営に資する業績評価制度を構築します。
  2. お客さまの多様かつ高度化する資産運用ニーズに対し、高度な専門性を保持するため、一層のコンサルティングレベルの高度化に向け、FP資格取得者の拡大、研修等を通じた営業職員向け教育の強化や業績評価運営の高度化を進めます。
  3. 販売担当者によるお客さま本位のコンサルティング及び情報提供状況について、 本部モニタリングにより検証し、販売担当者の教育に活用します。

お客さま本位の業務運営に関する取組状況の報告

  1. 「ひろぎん証券のお客さま本位の業務運営の実践に向けた取組方針」の遵守状況について、半期毎に検証し、年度毎に公表します。
ページトップへ戻る