スマートフォンサイト トップへ

インターネット取引 ログイン

国内株式

株式投資の魅力

株式投資には大きく分けて3つ魅力があります。

1キャピタルゲイン(値上がり益)が期待できます。

株式投資の最大の魅力です。買付けた株式が値上がりしたときに売却することで値上がり益(キャピタルゲインと言います)が期待できます。
どの銘柄が値上がりしそうか、いつ頃買付ければいいのか、幾らで買付ければいいのか投資判断に迷うこともしばしばですが、投資情報サービス「株価ボード」をご利用いただくことでお客様をサポートします。

2インカムゲイン(配当金)が期待できます。

通常、本決算と中間決算の年2回(本決算のみの会社もあります)に投資されている会社の利益を株主に還元する「配当」が行われます。配当水準は会社によってまた同一の会社でも決算状況によりまちまちです。業績次第ではこれまで配当を行っていた会社が「無配」となることもあります。低金利下においては配当金による利回りを目的に投資されるお客様もおられます。

3株主優待を受けることができる銘柄もあります。

企業によっては、個人株主作りや企業PRの一環として、自社製品や割引チケットなどを株主あてにサービスするところもあります。

株式投資のリスク

株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
他に売買高が少なくなることにより、売却しづらくなる可能性があります。一般的に、発行済み株式総数が多い銘柄、東証一部に上場している銘柄が流動性に富み、発行済み株式総数が少ない銘柄、地方市場の単独上場している銘柄が流動性に欠ける傾向があります。

リスクへの対応方法

リスクの分散

時期を分けて買付けることや銘柄を分けることで時間のリスク分散や、銘柄のリスク分散を図ることができます。

銘柄研究を怠らない

その企業の主力製品や業界の動向などはご存知ですか?よく「ビギナーは身近な企業を買えばよい」というのは知らず知らずに銘柄研究を行っているからです。またチャートを活用してみるという銘柄研究方法もあります。

株式投資は余裕資金で

生活費や使途の予定がある資金で投資するのは止めましょう。「いい銘柄が見つかったが、資金が無い」のなら縁が無かったと見送る気持ちも必要です。余裕資金でゆとりを持った心構えの投資ライフをお過しください。

上場有価証券等のお取引にあたっての留意事項等

上場有価証券等への投資に際しましては、あらかじめ契約締結前交付書面をよくお読みいただき、商品と仕組みやリスクをご理解のうえ、お客様ご自身の責任において行っていただきますよう、お願いいたします。また、ご不明な点はお取引開始前にご確認いただきますよう併せてお願いいたします。
上場有価証券等の売買等にあたっては、当該上場有価証券等の購入対価のほかに売買手数料をいただきます。手数料につきましては、当該商品の契約締結前交付書面または、こちらをご確認ください。
上場有価証券等を募集したり、または当社との相対取引により購入する場合は購入対価のみをお支払いいただきます。 上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
上場有価証券のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。
また、新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。

値幅について

値幅制限とは

ご注文の指値が、実勢株価からはずれた指値の場合、値幅制限により注文を受け付けられない場合があります。(インターネット取引においては、ご注文時にシステムチェックを掛けております。)

一時的な需給動向等により、市場価格が大きく変動すると、一般の投資家に投資判断を誤らせ、不測の損害を与えるおそれが生ずる可能性がございます。
それを防止する為、1日の値段の変動幅を前営業日の終値又は最終気配値段等を基準として一定範囲に制限しています。 これを「値幅制限」といい、その制限値幅の上限まで上がることをストップ高、下限まで下がることをストップ安といいます。
この値幅制限は、価格帯ごとに異なる値幅が設けられています。

  • 権利落日には基準値段も修正されます。

制限値幅一覧

株価 制限値幅
    100 円 未満 30 円
100 円以上  200 円 未満 50 円
200 円以上  500 円未満  80 円
500 円以上  700 円未満  100 円
700 円以上  1,000 円 未満 150 円
1,000 円以上  1,500 円 未満 300 円
1,500 円以上  2,000 円 未満 400 円
2,000 円以上  3,000 円 未満 500 円
3,000 円以上  5,000 円 未満 700 円
5,000 円以上  7,000 円 未満 1,000 円
7,000 円以上  10,000 円 未満 1,500 円
10,000 円以上  15,000 円 未満 3,000 円
15,000 円以上  20,000 円 未満 4,000 円
20,000 円以上  30,000 円 未満 5,000 円
30,000 円以上  50,000 円 未満 7,000 円
50,000 円以上  70,000 円 未満 10,000 円
70,000 円以上  100,000 円 未満 15,000 円
100,000 円以上  150,000 円 未満 30,000 円
150,000 円以上  200,000 円 未満 40,000 円
200,000 円以上  300,000 円 未満 50,000 円
300,000 円以上  500,000 円 未満 70,000 円
500,000 円以上  700,000 円 未満 100,000 円
700,000 円以上  1,000,000 円 未満 150,000 円
1,000,000 円以上  1,500,000 円 未満 300,000 円
1,500,000 円以上  2,000,000 円 未満 400,000 円
2,000,000 円以上  3,000,000 円 未満 500,000 円
3,000,000 円以上  5,000,000 円 未満 700,000 円
5,000,000 円以上  7,000,000 円 未満 1,000,000 円
7,000,000 円以上  10,000,000 円 未満 1,500,000 円
10,000,000 円以上  15,000,000 円 未満 3,000,000 円
15,000,000 円以上  20,000,000 円 未満 4,000,000 円
20,000,000 円以上  30,000,000 円 未満 5,000,000 円
30,000,000 円以上  50,000,000 円 未満 7,000,000 円
50,000,000 円以上  10,000,000 円

呼値について

呼値(よびね)とは、注文時に提示する売り又は買いの値段の単位を指します。
これらのうち、売り注文に関するものを売呼値、また、買い注文に関するものを買呼値といいます。
呼値は 1株について何円という表示で、呼値単位の更新は、下表の様になっています。

可能な呼値(例) 不可能な呼値(例)
351円、901円、1,560円等 3,351.5円、50,123円、1,234,567円等

呼値一覧

2015年9月24日~
株価 呼値
(通常銘柄)
呼値
(TOPIX100のみ)
    1,000 円  以下 1 円 0.1 円
1,000 円 超 ~ 3,000 円  以下 1 円 0.5 円
3,000 円 超 ~ 5,000 円  以下 5 円 1 円
5,000 円 超 ~ 10,000 円  以下 10 円 1 円
10,000 円 超 ~ 30,000 円  以下 10 円 5 円
30,000 円 超 ~ 50,000 円  以下 50 円 10 円
50,000 円 超 ~ 100,000 円  以下 100 円 10 円
100,000 円 超 ~ 300,000 円  以下 100 円 50 円
300,000 円 超 ~ 500,000 円  以下 500 円 100 円
500,000 円 超 ~ 1,000,000 円  以下 1,000 円 100 円
1,000,000 円 超 ~ 3,000,000 円  以下 1,000 円 500 円
3,000,000 円 超 ~ 5,000,000 円  以下 5,000 円 1,000 円
5,000,000 円 超 ~ 10,000,000 円  以下 10,000 円 1,000 円
10,000,000 円 超 ~ 30,000,000 円  以下 10,000 円 5,000 円
30,000,000 円 超 ~ 50,000,000 円  以下 50,000 円 10,000 円
50,000,000 円 超 ~     100,000 円 10,000 円

上場有価証券等のお取引にあたっての留意事項等

上場有価証券等への投資に際しましては、あらかじめ契約締結前交付書面をよくお読みいただき、商品と仕組みやリスクをご理解のうえ、お客様ご自身の責任において行っていただきますよう、お願いいたします。また、ご不明な点はお取引開始前にご確認いただきますよう併せてお願いいたします。
上場有価証券等の売買等にあたっては、当該上場有価証券等の購入対価のほかに売買手数料をいただきます。手数料につきましては、当該商品の契約締結前交付書面または、こちらをご確認ください。
上場有価証券等を募集したり、または当社との相対取引により購入する場合は購入対価のみをお支払いいただきます。
上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
上場有価証券のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。 また、新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。

取扱国内株式一覧

ページトップへ戻る